ロゼワイン

一般的に、夏にカジュアルに飲むワインと思われがちなロゼですが、実は様々な料理との相性が良いのです。日本では伝統的な懐石料理でも多様な食材が用いられ、家庭でも料理のバリエーションが多いため、ワインの柔軟性が求められますよね!

シーフードや魚料理に合う十分な酸と、肉料理やスパイシーな料理をサポートする果実味やボディを持つロゼワインは、実は季節を問わず、和食のマリアージュとして非常に重宝されます。

実際、ロゼワインの真の強みは多用途性であり、日本の伝統的なスタイルで様々な料理を提供する際には、ロゼを開けることが最適な解決策となることが多いのです。

サーモン、トロ、ウニなどの寿司や豚の生姜焼きにロゼを合わせてみると、爽やかな酸味とほのかなフルーツの香りが料理と完璧にマッチします。

たこ焼きやお好み焼きなど、お気に入りのソウルフードにワインを合わせてみませんか?ロゼはいかがでしょう。ワインの果実のアロマと甘いソースの相性の良さに驚くことでしょう。

焼鳥、牛のたたき、鍋など、ロゼは日本料理との相性が抜群に良いのです。

スパイシーな料理はどうでしょう?

魚でも肉でも野菜でも、スパイシーな料理には口直しの爽やかな酸味が必要ですが、ロゼワインはそれを叶えてくれます。

もうお分かりの通り、ロゼワインの大きな強みは、汎用性です。

自分の料理にどのワインを合わせればいいのかわからない、そんな時は安全な選択肢として、ロゼを試してみてください!きっと驚かれることでしょう。

ポルトガル・トレードからのご提案例

Koppu Roséとマグロ寿司。完璧なコンビネーションです!

Deixe uma resposta

O seu endereço de email não será publicado.