ロゼワイン 一般的に、夏にカジュアルに飲むワインと思われがちなロゼですが、実は様々な料理との相性が良いのです。日本では伝統的な懐石料理でも多様な食材が用いられ、家庭でも料理のバリエーションが多いため、ワインの柔軟性が求められますよね! シーフードや魚料理に合う十分な酸と、肉料理やスパイシーな料理をサポートする果実味やボディを持つロゼワインは、実は季節を問わず、和食のマリアージュとして非常に重宝されます。 実際、ロゼワインの真の強みは多用途性であり、日本の伝統的なスタイルで様々な料理を提供する際には、ロゼを開けることが最適な解決策となることが多いのです。 サーモン、トロ、ウニなどの寿司や豚の生姜焼きにロゼを合わせてみると、爽やかな酸味とほのかなフルーツの香りが料理と完璧にマッチします。続きを読む

コルク栓を抜くときの音は、ロマンチックなキャンドルライトの中でより素敵な空間を演出することもあるでしょう。 コルクには抜栓時の音を奏でる以外にも大事な役割があることを忘れてはいけません。コルクは、グラスボトル内のワインをしっかりと密閉し空気を遮断することで酸化を防いでいます。 ここでは, 5 種類のコルクとその特性をご紹介します。続きを読む

スパークリングワイン。まったく同じ生産者が、同じブドウ年に、同じブドウを使って作っても、甘さを調整することができます。知っていましたか?今回は「マロ スウィート」(白・発泡・セミスウィート)と「マロ ドライ」 (白・発泡・ドライ) は同じブドウ品種を使っているのになぜ味わいに違いがでるのですか?と質問がありましたのでお答えします! 産地も生産者もアルコール度数も、おまけにブレンドしているブドウ品種も同じ。でもスパークリングワインでは味わいに差を出せるのです。ずばり!その差は「糖度」にあります。名前からもわかるように、 「マロ セミスウィート」の方がほんのり甘さを感じ、「マロ ドライ」はキリッと辛口です続きを読む

ワインに関する問題の多くは、ワインを適切に保管するだけで回避することができます。以下の簡単なコツを参考にして、ワインを常に最高の状態で飲むようにしましょう。 自宅でワインを保管するには、正しい方法と間違った方法があるのをご存知でしょうか。ワインは繊細で美しいものです。保管の方法次第では、ボトルに入っている間に、たくさんのものが台無しになり、おいしいワインが酢に変わってしまうことがあります。おいしいワインがあるけど、今すぐに飲む予定がないとしたら? あとで楽しむために正しい方法で保管しましょう。 ご自宅でワインを保管する際の注意事項はこちらです。続きを読む

ワインを存分に楽しむには、そのワインに最も適したグラスを選ぶことがとても重要です。一般的に使用されているのはチューリップの形をしたグラスですが、ワインによって、適するワイングラスの形が異なります。 ここでは、ワイングラスの主な種類と基本的なルール、プロが実践する本格的なグラスの使い方を紹介します。続きを読む

ワインは「生きたもの」であり、常に変化をしているので、保存方法は非常に重要なものとなります。 何世紀にもわたり、色んな種類の容器がワインの輸送と貯蔵に使用されてきました。古代には粘土やワインスキン(動物の皮で作った容器)、木樽などが使われていましたが、18世紀にはガラス瓶の容器が商品化され、今では世界で最も人気のあるワイン容器となりました。 ガラス瓶はワインを密閉することができ、他のどの素材よりも長い間、ワインを良好な状態に保つことが可能です。現在は、形、サイズ、色、デザインに富んだ様々なタイプのガラス瓶が商品化されています。 ここでは、ポルトガルワインで人気の高いワインボトルの形状についてご紹介します。続きを読む

ワインの種類については、専門家でなくても無限の可能性があることを理解することは簡単にできるでしょう。 ワインを分類する方法は、甘さの度合い、色、産地、製法などさまざまです。 ワインの製造プロセスは非常に多くの段階があるため、創造性が大きくなり、1人の生産者が1年間に同じブドウから多くの異なるワインを作ることができます。これに世界中のワイン生産者を掛け合わせることによって、どれほど種類が増えるか考えてみてください。 このようにワインには幅広い可能性があるため、非常に魅力的で、誰もが一致する基準を用いてワインを特徴付けることが非常に困難です。 つまり、同じように感じるワインはひとつもないということです。続きを読む

ワインを味わうことは、外観、香り、味に訴えかける感覚的な体験です。ワインを完全に理解するためには、試飲者はこれら3つの感覚を使って異なる感覚を感じることに集中することを心にとめておいてください。続きを読む

フランス語が由来の「テロワール」という言葉は、広く知られていますが、あまり理解されていないワインの概念でもあります。 テロワールは、土壌や地形、気候の特徴などが作物に与える「生育環境」のことを表します。 しかし、生産物の特徴にテロワールがどれほど影響するかは議論の余地があり、これが物議を醸すテーマとなっています。続きを読む